Instagramの画像作成徹底解説 〜3つのアプリで効率化〜

インスタグラム

 

こんにちは、maria(@maria_nkym)です(б∀б)

 

るってぃさん(@rutty07z)のインスタ投稿記事を作成しはじめ早3カ月。1カ月前からなんと1000フォロワー、合計3000も増えました!やったねっ!

 

 

こちら、最初は4時間とか平気で時間かかっていました。ところがどっこい、今では1時間半にまで効率化できました。

 

インスタの画像は地道な作業ですが投稿し続ければ、確実にフォロワーは増えます。

ですが、

  • どうやってスライドを作ればいいか分からない!
  • なるべく効率良く作りたい!

とお尋ねいただくことも多いです。

 

というわけで、「インスタ投稿記事はこうやって作っている!できる限り細かく解説」を書いていきます٩( ‘ω’ )و

 

1:ブログ記事or ツイートで作成する内容を探す

ただ闇雲には探しません。

  • お金に関すること
  • 海外に関すること
  • ミニマリスト

🔼が高確率でいいね!がたくさんつきます。インスタのアクティブユーザーは、女性の方が多いと言います。生活にも取り入れやすいものが受けるのかな?ちなみに、最高は1400超えのこちら

 

https://www.instagram.com/p/BleSpLcFS4_/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

 

作成を始めて数日で、こんな数字ついたから、プレッシャーすごかった・・・。

「日本最高!移住したいね。でも絶対働きたくない」スウェーデン人が語る日本の労働環境の歪み

 

2:文章をGoogleドキュメントにコピペ

 

文章をほぼ全文、コピペします。ドキュメント、メモ、Evernote何でもいいです。私はドキュメントを使っています。

 

コピーしないものは

  • 見出し(〇選!の時はコピーします
  • 画像(画像も入れるとスライドが増えます)
  • Twitterなどの埋め込み(他の方法で使うので、ここでは使いません)

最近は慣れてきたので、コピペをしないこともあります。ここで作業の効率化が図ることが可能に。

 

3:文章を9分割するために要約

記事をインスタに投稿できる最大数10枚のうち、表紙を除いた9枚に納めなければいけません。投稿する内容は、もちろん全文大事なのですが、削らなければスライドは20枚を超える時もあります。

そこで⬇️を重視します。

  • 1段落の中で一番重要な部分はどこか
  • 誤字はないか
  • 削っても支障がない部分はどこか

 

反対に、少なすぎるときは少し足します。語尾を丁寧語に変更する程度ですが。るってぃさんのブログの場合、赤文字や太文字を中心にすると要約しやすいので非常に助かっています・・・。

この時に、文章を9分割にしておくと、後から楽になります。私は分かりやすいように番号を振ります。

 

4:Phontoを使う

いよいよ作成。スマホのアプリ「Phonto」を使っていきます。スマホ専用アプリなので携帯の充電はしっかりしてください。作業時間が長いと、思っている以上に消費しています。

画像の背景、大きさを決める

アプリが立ち上がったら、下のカメラマークをクリック。すると、画像の読み込みが出てくるので、「プレーンな画像を使用する」を選択してください。「Phonto」は、写真加工にも使えるので、多くの用途に使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

真っ白な正方形背景を選ぶ

他にも格子状のものなどありますが、シンプル・イズ・ザ・ベスト。見やすくするには、真っ白な方がおすすめです。

 

「文字を追加」で文字入力開始

いよいよ作成。画面のどこかをタップすると「文字を追加」が表示されます。

 

文章をコピペ

画像にする文章をコピペします。ここで、先ほどあらかじめ9分割にしていたことが役立ちます。先に決めておくと、「枚数が多くなった!」「文章の配分がおかしい」などのミスを防ぐことができるのです。

 

ペーストすると

 

フォントは「ヒラギノ角ゴシックW3」

フォントを選びます。いつも「ヒラギノ角ゴシックW3」を使います。太文字には「ヒラギノ角ゴシックW6」。他のフォントは本文では使いません。表紙には「03スマートフォントUI」。これは、Phonto内にはないので別のアプリからダウンロードします。ここでは割愛。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文章を見やすくするために改行する

このままでは、文章がつながったままで見づらいので改行します。私はよく2段目の5文字目で行います。この理由は後ほど・・・。終わったら終了を押してください。

 

文字のサイズは0.38

サイズのおすすめは0.38! 0.37や0.40など変更した結果です。

 

一気にサイズを変更したいときは、バーの白丸を横にスライドすれば簡単に大きさを変えられます。細かく修正したいときは、「+・−」を使いましょう。

ただし、「+・−」でサイズ変更すると次の画像を作る際にサイズが反映されていません。バーで調整すると、前の画像と同じ文字サイズのままです。

 

長方形・正方形に見えるように、画面中央に文章を寄せる

文章が長方形・正方形に見えるように調整します。改行を2段目の5文字目で行うのは、長方形にする際、縦横に長すぎない丁度良い大きさになるんです。

ちなみに、句読点やアルファベット、数字の半角によって、普通に改行しても正方形にならない!なんてこともよくあります。その際は、一文字ずつ動かすこともあるので根気が必要です。形にこだわらない場合は大丈夫。

 

画面中央に来るように矢印で設定。このとき、→A←、↓A↑を使うとすぐ画面中央にいきます。

 

太文字設定

文章の強調には、太文字を使います。ですが、「Phonto」は一部太文字などが同じ文章内ではできないデメリットが。

つまり、太文字にするには、その部分を新しく作成する必要があります。

 

太文字にしたい部分をコピーし、新たに「文字を追加」で作成。太文字にしたくない部分を新たに「文字を追加」で作成。この作業が一番地道です。

 

画像を保存する

作成ができたら、画像を保存します。作成したもの10枚をまとめて保存などできません!!1枚ずつしましょう。

右下の画像保存マークをクリックし、「画像を保存」を選択すると、端末内に保存されます。10枚頑張って作ってください。最初は形を整えるのに苦労しますが、慣れるとあっという間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スクショは「instasize」で正方形に

画面のスクショは、インスタグラムのサイズに適していません!写真を複数枚載せた時に「一部顔が切れてた!」「画像の大きさがバラバラ」という人もいるはず。

その時に使うのは、「instasize」というアプリ。これで正方形にできます。

 

正方形を選択して保存するだけなので、簡単にインスタのサイズに調整できます。

 

表紙の見栄えをよくするには「UNUM」

インスタユーザーが一番最初に見るのは「表紙」です。ここで、表紙の文字がバラバラだと見栄えが悪くなります。ですが投稿前だとバランスが分からないもの。

そこで「UNUM」で投稿する前に確認しましょう。投稿前だから、表紙修正に役立ちます。

 

完成!!!

これで完成です。お疲れ様でした。あとは、インスタに投稿するだけです。私は、るってぃさんが投稿するのでここまでで終了。

 

まとめ:根気はいるけど、パズル感覚で楽しい

 

最初は慣れていないから大変だ!と思っていましたが、今ではパズル感覚で楽しんでいます。さらに要約の力がついて、イベントレポなどに役立ちました。最近、誤字などが多いので、ご迷惑をかけっぱなしですが、今日も今日とて作成します。

インスタの運用を始める方、ぜひ参考にしてください!使ってくださったら泣いて喜びます。

 

それでは、maria(@maria_nkym)でした〜(б∀б)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です