箕輪厚介氏 講演会「死ぬこと以外かすり傷」に行ってきた!

イベントレポ

こんにちは、maria(@maria_nkym)です(б∀б)

 

最近、イベントレポとなっているこのブログですが、今回もレポです。

 

今回行ってきたのはこちら⬇️

 

箕輪厚介氏 講演会「死ぬこと以外かすり傷」

 

参加人数70人以上!

雨の中多くの方がいらっしゃっていました。

お昼に福岡で講演をされた後に、熊本へ

まさかのお酒がもう入っている状態で登場した箕輪さんw

 

 

箕輪編集長とは?

 

箕輪 厚介(幻冬舎・編集者) 2010年双葉社に入社、ファッション雑誌の広告営業として4年間、タイアップや商品開発、イベントなどを企画運営。

2014年から編集部に異動。2015年7月に幻冬舎に入社。東洋経済オンライン、アドタイでコラム。オンラインサロン運営、堀江貴文大学校で特任教授など。

『多動力』堀江貴文、『ネオヒルズジャパン』与沢翼、『悪意とこだわりの演出術』藤井健太郎の3冊で、アマゾン総合ランキング1位を獲得。堀江サロン教授、渋谷のラジオ、ニューズピックスブック創刊。

2017年10月合同会社波の上商店を設立。2018年1月末に設立する株式会社CAMPFIREと株式会社幻冬舎の共同出資会社、株式会社エクソダス取締役に就任。

 

講演会のまとめ:今、この瞬間を楽しめ!

自分が編集している本は「売れようと思って売ってはない」

「チャレンジすることを褒めた方がいい」

これからはアウトプットの時代だ

大事なのは「今この瞬間を楽しむ、過程」

書店にアレルギーがある編集者

誰かがストーリー付けしないと、ものは売れなくなった

これからは「勝ち負け組」がなくなる

質問タイム

 

Q:どんな学校を作る?

Q:地方の「みの邸」に期待することは?

Q:編集者を育てるには?

 

Twitterをコンサルしてほしい!

Q:新しく作るオンラインサロンは無料or有料どっちがいい?

 

Q:「どんな人を本にしたい?」

Q:今までかすり傷だったなと思った出来事は?

 

まとめ

「今、この瞬間を楽しめ」 

・編集者の営業には、「パッション」が足りていない

・この日本にいる限り、死ぬことはない
 誰かが必ず助けてくれる

おまけ